これからの君と話をしよう

大好きな本の話、芸術やお勉強、世の中のこと、ファッションや美容など幅広くいきたい。

LINEについて話してみた

 2ヶ月ほど前に書いたFacebookノート「LINEについて友人たちと軽く話してみた」の転載(一部加筆あり)。

 

 インターネットの今後について、さまざまな場所でひとと話したり意見交換する機会があったので、備忘録をつらつらと。

 またそのうち、別の内容も書くと思います。とりあえずはこれだけ。

 

・LINEのヒットの理由はやっぱり「既読かどうかがわかることが大きな要因?

Facebookメッセージでも、メッセージの開封日時がわかったりするし、FBやSkypeのチャットでは「入力中」などの相手の動きがわかるよね。

・でも、SNSもここまできてしまったら、次にくるのはどのようなもの?

・既読なのに返事が来ない、などを気にしてLINEに疲れてきた人々は、案外、原始的なメールに回帰していくのでは?

ゼロ年代に流行ったようなチャットも再び人気みたいだしね。

 

・LINEスタンプの魅力が全然わからないんだけど。

・キャラも流行り出したよね。キャラクターグッズとか、アニメまでできてるし。

・どこか突っ込みどころのあるようなキャラだからウケたのかな?

・いや、あのキャラクターの魅力というよりは、LINEが流行ったから同時にそこで使われてるキャラも流行っただけじゃないかな。サンリオキャラが使われていたら、そのキャラが流行ったんじゃない?

・LINEスタンプのみでやりとりしてる友達がいる。

・スタンプでのやりとり、って、授業中の落書きのやりとりにも似たものを感じるよね。

・なるほど、それはよくわかる!

・すぐに返事が返せなさそうな場合、メッセージに気づいても既読にしないようにしちゃったりするよね(笑)。

・あるある!!(笑)

 

Twitterって怖いな、って、最近よく思う。 炎上や犯罪ツイートとかじゃなくって。 Twitterの感覚に慣れてしまうと、思考が断片的になってしまうから。

・わかる! 私もブログなどで長い文章がなかなか書けなくなってしまいました。

Twitterをメインでやっている人は、Facebookをメインでやっている人よりも思考が浅くなりがち、ってネットの記事をどこかで読んだな……(※)。

・ツールによる思考の支配って怖いよね。

 

※この記事を探したんだけど見つからず。Gigazineかどこかで見た覚えがあるんだけど……。 そのかわりに見つけたブログ記事。 この感覚はわかる。↓

スマートフォンやタブレットばかり使っていると頭が悪くなるんじゃないか - シロクマの屑籠 (id:p_shirokuma / @twit_shirokuma) http://d.hatena.ne.jp/p_shirokuma/20130514/p1

 

 

このノートに寄せられたコメントを一部抜粋。

▷確かに、LINEスタンプは授業中の落書きにそっくり。 授業中の手紙交換にも近い気がする。既読かどうか分かるし、既読になってから返事がくるまでのそわそわ感とか…。

▷とても入りたかった話題なので、所感を少しだけ。

・LINEの「既読」と「スタンプ」は、コミュニケーションの往来を加速させるもの。

・なぜ「既読」の表示は相手側にだけ出て、自分の側には出ないのか

・「相手が『既読』表示を見た」という表示があってもいいのではないか

・でも、そういう表示はない。「相手側に『既読』という表示が出ていること」を心の中だけで感じるからこそ、僕らは相手への配慮を感じ返事をしなければいけないような気持ちになっているのだと思われる。

・こちらの行動は見られている、という感覚は自分の行動を規律化する。これはフーコーっぽい。

・LINEに見る「監獄の誕生」

・スタンプは基本的に「あいづち」である ・「おもしろい」「かわいい」「そうなんだ」「がんばろう」「にやり」等々 ・日本語は特に会話の途中にあいづちが多い。対面状況よりも、仕切りを置いた関係でのコミュニケーションに特化している。相手が自分の話を聞いているかどうかは、向こうからの「あいづち」で判定する。

・LINEはその「あいづち」そのものにメッセージを乗せた。たとえばキャラの微妙な可愛さ、キモカワさが「そのスタンプ面白いね」というスタンプの図柄そのものについての会話を誘発する

・結果、気付いたらスタンプだけで会話する状況に・・・ ・これは言葉の薄さなんてものじゃなく、日本人特有の行間を読む能力、絵からストーリーを連想する能力

・スタンプはその特性を捉えた、巧妙な機能だと思う

 

 いただいたコメントの中で特に気になったのは、「“既読”を相手が確認した」という通知機能がない、というところに注目している点。 まぁ、「既読」「“既読”を確認」ということがいちいち可視化されるようになったらツールとして複雑ですし、「既読を確認したかどうか」を確認する機能がないことはわかるんですが、よく考えたら、「既読」になったかどうかだって、プッシュ通知がきたりするわけではないんですよね。 ささやかに、メッセージの横に「既読」の表示が出るだけ。 そんな「既読」表示でこんなにもヤキモキする人が大勢いること、ちょっと滑稽にも思えますが、不思議で愛しくも思えてきます。