これからの君と話をしよう

大好きな本の話、芸術やお勉強、世の中のこと、ファッションや美容など幅広くいきたい。

手帳と私(2013 ver)

 月が替わる瞬間って、なんだかそわそわしてしまいます。

 なにか退会し忘れた有料サービスはなかったっけ、月末締め切りのものはなにかあったっけ。あぁ、これからは10月じゃなくて11月になるのか。10月にはできなかったこと、11月にはできるといいなぁ……

みたいな感じで。

 

 さて、今日(正確には昨日)は自動車学校のあと、ゆめタウン佐賀に行って来年用の新しい手帳を買ってきました。

 ほんとうは、今回のメインの買い物はスニーカーだったのですが、今日はポイントも5倍デーだしついでに手帳も買ってこよう! ということで、手帳と、そして近くにあったペンも買ってきました。

f:id:ginsetsu:20121101231935j:plain

 

 買ったのは、ここ2年ほど使っている「ハッピーメイクダイアリー」です。

 紀伊国屋にあった、「夢をかなえる人の手帳」とだいぶ迷ったのですが、デザインの可愛さでこちらを選ぶことにしました。

 いつもは文庫本サイズのものを使っているのですが、今回はサイズの大きいものにしてみました!

 というのも、2年間使ってみた文庫本サイズがどうも使いづらくって……。実は今年の手帳は、途中からほとんど使わなくなっちゃってたんです(汗)。

 

「夢かな手帳」は、大学3回~4回生の頃にかけて使っていたのですが、一日のスケジュールを2時間刻みで書けるバーティカル式がとても使い心地が良く、気に入っていました(ただ、この手帳のコンセプトでもある、夢をかなえるための自己啓発的なコラムはそれほど魅力ではなかったんですが……笑)。

 夢かな手帳、サイズもほどよい大きさで、マンスリーもウィークリーもどちらも記入しやすく、毎日ごとのtodoリストや、初旬・中旬・下旬と分けて目標が書けるようになっていたりするのもとても便利で、バッグの中にいつも入れていたいお気に入りアイテムになりました。

 

 でも翌年、以前からデザインの可愛さとコンセプトが気になっていた「ハッピーメイクダイアリー」を友達が使っていることを知り、私もこの手帳を使ってみることにしました。大きさは、先ほども書いたとおり、文庫本サイズのものです。

 ガーリーさ溢れる装丁のカバーから、ダイエットやマナーなどのコラムやメモスペースなどの付録まで、とにかく可愛い。数年後の目標や憧れる人などを書く欄もあって、ほどよく自己啓発要素があるのもいい感じです。

「お金が貯まる手帳」「朝活手帳」などの目標・用途が限られている手帳は苦手なのですが、ハッピーダイアリーくらいのほどよい自己啓発要素は、じぶんを引っ張り上げてくれる感じがあって好きですね。

 

 ただ、このハッピーダイアリー、夢かな手帳に比べると、どうも全体的にサイズが小さく、書きにくい! 確かに持ち運びにはいいしデザインも可愛いけれど、それにしても小さいなぁ……ということをたびたび思っていました。

 この、手帳サイズのハッピーダイアリーを使って2年、「やっぱりこのサイズは私には合わないしバーティカル式の手帳が恋しい!」ということで夢かな手帳に戻ろうかと思ったのですが、ハッピーダイアリーを知ってしまうとデザインがどうも地味で物足りなく思える……。

「そうだ、ハッピーダイアリーの使いにくさはサイズからくるものが大きいのなら、今度はサイズの大きいものを買ってみたら、案外、使いやすくなるんじゃないかな」

と、ふと思い、雑貨屋のMAMAIKUKOでハッピーダイアリーを購入することに決めました。

 

 ただ、私が一番気に入ったデザインの、ウサギのアップリケがついているカバーのものは、サンプルのものしか残っていない……!

 ほかのカバーのものにしようかな、とも思ったのですが、やっぱり一番可愛いと思ったのはこれだし、サンプルしか残っていないということは人気があるものだということだし、やっぱりこれが欲しいなー、という気持ちは変わらず。

 

  私はどちらかといえば潔癖なほうで、中学時代は手を洗わないと本を読めなかったりもしましたし、石鹸をつけないと手を洗った気がしないので、ハンドソープを常に携帯していた時期もありました。また、吊り革や扉の取っ手を触ったり、地面に荷物を置くのも苦手でした。

 今ではさすがにそこまでではありませんが、それでも、平積みされている本は一番上のものではなく下から取るほうで、あまりにも人がベタベタ触ったようなものは、極力買いたくないんです。

 

 ……でも、今回のハッピーダイアリーはそんなに人がベタベタ触った形跡もない。全体的に綺麗です。

 それに私は、古本での、前の持ち主の書き込みなどは「ほかの人の感動の軌跡を知れておもしろい」と思えるほう。

 この手帳も、「たくさんの人の、来年の夢やなりたい自分を描くためのパートナー選びに貢献したものなんだ」と思えると、サンプル品のこの手帳がなんだかとっても価値あるものに思えてきて、そばにあった香りつきペンと一緒にお買い上げすることにしました。

 そしたら、サンプル品だったのでなんと10%OFF!

 思わぬ喜びを手に入れることもできた買い物でした。