これからの君と話をしよう

大好きな本の話、芸術やお勉強、世の中のこと、ファッションや美容など幅広くいきたい。

ブログと私

「2012年は、ブログを新しく始めようと思う」と言いはじめてからどれくらい経ったかしら。ようやくブログを始めました。銀雪です。書きたいネタばかりがたまって肝心のブログがなかなか始められなかったのは、お昼から深夜までバイトに励んでいた日が続いたのと、何よりもブログのタイトルが決まらなかったからです(汗)。 

 私、ホントにタイトルセンスがないんです。小説も書いているんですが、タイトルには毎回悩まされます。まぁ、タイトルを考えることによって、作品に軸、というかひとつの芯の通ったものを入れることは決してキライじゃない作業なんですが、悩んだ割に大したことない題名になるのがなんとも……。

 キャッチコピーのようなものや、ブログの各記事につけるタイトルなんかは比較的すぐに思いつくんですけどね。パロディタイトル大好きなので、mixi日記を書いていたときや以前ブログをしていた頃は、話題作品のタイトルはよく拝借させてもらってました。

 このブログそのもののタイトルは、「これからの君と話をしよう」です。はい、ご存知の通り、サンデルの話題作の題名からいただきました。タイトル候補は10個くらい用意したんですが、テーマが縛られることのない、長すぎない、過激すぎない、軽すぎない、そしてキャッチーなものを選んだ結果、これに決まりました。

 本当は、ブログそのもののタイトルにはパロディネタは使いたくなかったんですが(どちらかというとパロディされる側になりたいから)、まぁそこに固執する必要もないか、と思ったのでこのタイトルに決定しました。ちなみに、このブログタイトルの「君」というのは、読者のあなたというよりも「私自身」に傾く可能性が高そうです。ご了承ください。     

 簡単にプロフィールなどを書いておくべきか、とも思ったけれど、このブログを読んでるく多くの方は、おそらくTwitterなどで私のことを知って下さってる、と思います。よく知らないという方に関しては、これから知っていってもらえたらと思うので、特に自己紹介的なものは書かなくていい……かな?

 Twitterでは書ききれない分量の考えごとや、mixiをやってない人にも見てもらえるような近況報告をできればと思っているので、このブログはブログだけではコンテンツとして自立しないかもしれません。私の他のSNSと併せてお楽しみいただければ、と思います。

 自分語りが大好きな私は、もちろん過去にブログを書いていた時期もあったんですが、SNSが普及してからはそっちに流れてしまって、ブログは事実上閉鎖していました。

 特にTwitterは、情報収集ツールとコミュニケーションツールとライフログ管理といろいろな使い方ができるので、2年ほど前からはよく使っていました。が、過去のツイートそのものを読んで楽しむ、ということがなかなかできなかったんです。どちらかというと、メールの送信済みフォルダを覗いているような感じで、「あぁもっとこういう言い方すればよかった」と後悔することが多くて(汗)。「この日はこんなことがあって、こんなことを考えてたな」というような、過去の自分のブログや日記を読む懐かしさのようなものがあまり感じられなかったんですよね。

 Twitterでも、心のひだを描くように、その瞬間の心の震えを小刻みにツイートしていたらまた話は違ってくるんでしょうが、そのようなツイートのしかたはあまりしないので……。

 それになんていうか、Twitterなどで「むき出し」で文章をネットの海に流す場合と、ブログなどで読む際にワンクリックの手順が必要な「包装」を施した状態で文章を流す場合では、書く側の姿勢がなんだか違ってくるんですよね。少なくとも私の場合は。「包装」を行った文章のほうが、あとから読み返す際に気持ちいいんです。この「気持ちよさ」のバリエーションを増やしたいという思いもあって、ブログを再び始めることにした、というのもあったりします。

 ↑っていう理由は今この記事を書きながら初めて思いつきました。書きながら頭の内容が整理できることってあるよね。